にんにくガーリック

元気に小説を書きます。金曜日のお昼ごろ更新の予定。このブログの内容は、特別な記載がない限りフィクションです。

『3次創作 アークライト教授の部屋』

『3次創作 アークライト教授の部屋』


 律儀な3回ノックでドアが開いた
「失礼します、アークライト教授」
句点まで打って手を休め、顔をあげた。
「俺の研究室に何の用かな?」
「はじめまして、私はソフタ・イフカイノといいます」
教授の返事は素っ気ないものだが、
要件を言うために来た。すぐに続けた。
「うちの倉庫にて不可思議なことが起こるもので、
ゴーストポケモンの専門家に助力を願いに来ました」

ゴーストポケモンと聞いて目を輝かせたように見えた。
「それは興味深いな! ぜひとも詳しく聞かせてくれ」
まるで水を得たシャワーズのように思った。

 ゴーストポケモンの専門教授、エテルノ=アークライトは、
彼らの存在の有無すら一筋縄にいかない謎を解明するため、
様々な情報を求めている。
彼の実地研究・観察は、新種の発見や、
地面やエスパーの技は弱点ではないことの解明を進めたのだ。

 教授席の椅子を回しながら立ちあがり、
書きかけの書類を放ったまま、
フィールドワーク用のバッグを手に取った。
「案内を頼んでもいいかな。もちろん詳しく聞きながらだ」

 トラックの助手席は初めての乗り心地だった。
普段よりも高い目線で、遠くまで見える。
ランプラーが白昼から街灯の上に集まる姿を見つけて、
すぐにメモ帳に書き加えた。

 道中で聞いた詳しい話から要点を取り出した。
ソフタの話は長かったのだ。
おそらくゴーストポケモンの仕業だ。
電気を使うのでロトムが有力と見ている。
しかしロトムが好むような機械があるのは別の場所だ。
A4サイズのメモ帳がどんどんと埋まってゆく。

「ゴーストタイプは、草や電気と仲が良くてね。
ほとんどが草タイプか電気タイプも扱える。
両方を使えることも多い」
これは専門外のソフタにとっては驚きの新事実だ。

「そういうわけで、ロトム以外の線も充分にあるなぁ。
一体どんなポケモンなんだろう!」
まだポケモンと決まっていないのに、
すでにはしゃいでいる。
「電気はともかく、ゴーストと草って全然仲良くなさそうですけど、
どういうことなのか既に分かってるのですか?」
平静に戻すよい質問だ。
まだ完全な答ではない前置きをして、
「今の答えは、オバケが存在できるほどの生命力に溢れるのが草、って所だね」

「へぇー、おっと。
あそこの2番目の建物です」
記録用紙をしまい、トラックが止まり、
倉庫へと向かった。
潮風のおかげか出発前よりも涼しく感じた。

 裏口の扉を開けた。不健康な音が奥歯を揺らす。
扉が閉まる前にレバーをあげて照明をつけた。
一面にラックが規則的に並び、
そのほとんどには段ボール箱が収められていた。

「どこだい? 出ておいで!」
早速エテルノが声をかける。
出てくる様子がないので、
2人で奥に進みながら段ボール箱を揺すっていく。
ひとつの強い気配にエテルノが向き直った途端、
物陰からぬいぐるみが飛び出してきた。

 ジュペッタが現れた。
同時に照明が割れ、そして足元からも弾けたような音が聞こえた。

ジュペッタの10万ボルトか、なるほどね」
ソフタは慌てていたが、動じないエテルノを見て、
少しだけ安心した。

「だいぶ警戒されてるみたいだ。頼むよ!」
エテルノが繰り出したシャンデラの炎であたりを照らした。
見つけたジュペッタが立ち塞がる後ろには、
むき出しの時計やぬいぐるみが置かれていた。

テレキネシスを頼むよ!」
シャンデラの炎が激しく揺らめくと同時に、ジュペッタの身体が持ち上がった。

「よしよし、そのままこっちへ」
エテルノの手まで運び、触れた。
抵抗が弱まり、ジュペッタは次第に警戒も解いていった。

「寂しかったみたいだね」
優しく抱えて背中を撫でる。

「そんなにあっさり大人しくなるなんて、
私だけだと出てくることもなかったのに」

「この子は特性が"おみとおし"みたいだね。
俺が持ってきた道具の中に気になるものがあったのかもな」
観察して様子の話をしながら、
背中を撫で続けていた。

 2人と2匹はエテルノの指示のもと、
並べていた時計やぬいぐるみをまとめて持ち出した。
持ってきたバッグが、帰りは3倍になっていた。

「この後はどうするのでしょう。
野に返したりですか?」

「この子にも主人がいるはずだよ。いろんな技を教えたトレーナーがね」

懐でジュペッタが強張る様子を感じた。
「尤も」
腕を緩めて目を合わせる。

「帰る日が来るまで、俺の部屋においで」

跳ねる勢いで顔に飛びついた。

 

今回のジュペッタ
性格:むじゃき
特性:おみとおし
覚えている技
10まんボルト
こごえるかぜ
はたきおとす
まもる