にんにくガーリック

元気に小説を書きます。金曜日のお昼ごろ更新の予定。このブログの内容は、特別な記載がない限りフィクションです。

『隣の遠景見聞録』

『隣の遠景見聞録』

今回の主な登場人物
・タマエモンザブロウ:ねこ・男性
・月宮巳甘:ムカデ人間・女性
・森下結衣:グール・女性

 たまえ・1
 土を破り出づる白と茶に輝く毛並みが立ち上がった。
 スラリ長い四肢を獅子のごとく誇るその名はタマエモンザブロウ。
名家を離れ、飼い猫として人の世を渡り歩いてきた。
 直近の家はすでに空き家となっていた。
マイクロ波を受けたのは久しぶりだ。
その源のダチョウ人間などたやすく葬れるが、
普通の人間に見られていたので、殺されたふりをして身を隠すことを優先した。
しかし埋葬までされてしまっては、目立ってしまうので起きられなかったのだ。
 地中からも千切れていた左耳に目を預けて自律行動させ、
街中の変化を見続けていた。
怪我の功名というやつだ。
マイクロ波を発するムカデが集まる屋敷を見つけた。
 道を調べ、向かう準備を整えた。

 結衣・1
 この頃おばあちゃんが知らない人と仲良くしてる。
今まで歳の差がある人には気をつけろって言ってたのに、どうしたのだろう。
 特別な人かな。あの人みたいに。
 歌と踊りを確認する。
いくら確認し直しても落ち着くことはない。
次は学校ではなく一般会場なのだ。
初めてのことはやはり緊張する。
 家の中にアシダカグモのような姿を見た。毛並みが茶色で細い脚が見えたのだ。
物陰に隠れてしまったが、ネズミやゴキブリの餌は残っていないはずなので、やがて別の家に向かうだろう。
 とは言えど何度も見たくはないので、
一時的にでも家を離れたい。
その先に最適な場があった。
良い知らせを兼ねて、祖父母の屋敷へ行く。
 さして遠いわけでもないので、普段と同じ準備ですぐに向かった。

 巳甘・1
 懐かしい名前からの連絡があった。
森下夫人、かつてあてもなく彷徨っていた月宮巳甘を、保護し育ててくれた恩人だ。
巣立った後で世に送り出した物品を見て、
思うところがあったのだろう。
資料の詰まったトランクを持ち、
懐かしのお屋敷へと向かった。
 道中は巳甘が知るよりいくらか整備されているが、まだまだ田舎道の様相が残っていた。
それはムカデ人間にとってはありがたいものだ。
一般人間から見てまだ馴染みきらない姿でも安心して歩ける道がいまでは増えている。
この道はどこよりも落ち着く、特別な雰囲気であった。
 混ざっている知らない匂いに気づいた。
誰か新しい、ひょっとして巳甘と同じような者か。
 屋敷に着き、インターホンを押した。普段とは異なる匂いがいくらか薄れた。
どうやら何者かが嗅ぎ回っているようだ。
外来種の野生動物か、ニャンコちゃんか、候補を挙げつつも答えはなく、
警戒心を見せるのみにした。
 扉が開き、老年の女性が出迎えた。
「いらっしゃい、ご無沙汰ですね」

 たまえ・2
 耳からの報告通りの道を辿り、林の際にぽつんと構えた一軒家が見えてきた。
遠くからでも伝わる不穏な気配が漂っている。
屋敷の前にて様子を伺う。
ムカデが多く住み、そのどれもがマイクロ波を会得しているようだ。
秋口でありながら暖かな敷地は異様そのものだった。
 耳を単独行動させたためか、マイクロ波の影響か、背後に迫る、人ならざる気配に気づくことができなかった。

 結衣・2
 扉を開け、靴を置いた。
「おばあちゃん、来たよー!」
台所から返事をしないときは、居間に向かって駆ける。
何年も変わらぬ森下一家の礼義だ。
「じゃじゃーん! 猫ちゃんだよ。
玄関をじっと見つめてたから、抱っこしてきちゃった。
名前はタマエモンザブロウだって。」
 客人、ムカデ人間の姿を認めると、静かにした。
「お客さん、失礼しました」
「いえいえ、僕も元気なお嬢さんは好きですよ」
「こんにちは結衣ちゃん。こちらはムカデ人間の月宮巳甘さん。
昔少しだけ会ったことあるのよ」
結衣は幼稚園に上がると同時に引っ越したので、どんな人だったか思い出せない。
「まあ小さかったし、覚えてないでしょう。あともうひとつ」
ムカデ人間が近寄り耳打ちをした。
「グールの娘、いたずらっ子が狙ってるみたいだよ。くれぐれも警戒してね」
驚いた。正体を知られていた。
 ムカデ人間のことだから、きっと信用できるのだろう。
いたずらっ子が何者のことか、わからないまでも覚えておくことにした。
 台所から飲み物とつまみを取り、別の居間で休むことにした。
猫はどこからか、家の外に出ていた。

 巳甘・2
 森下夫人のご子息を見て、元気なようで暖かな心を抱えて帰路についた。
 玄関を出て門の前、ご子息が連れてきたのと同じ猫ちゃんが待っていた。
「君のその様子、僕にご用事かな?」
「そうだ。このごろムカデたちがマイクロ波を流しててな。とても眠れないのだ」
「そいつは一大事だ。わかった、よーく言っておくよ。困らせちゃってごめんね」
巳甘はいつになく険しい顔をした。
「念のため。普通のムカデでいいかな」
「そうだ。庭の石をどかせば出てくるような平凡ムカデがな、マイクロ波の出し方を覚えたようなのだ。特にこの屋敷に多く住んでいる」
ますます顔が険しくなる。
「そいつは、驚きだね。やがて僕にも不利益がある」
 連絡先を交換した。
「タマエモンザブロウくん、仲良くしようね」
「よろしくな」

タマエモンザブロウと月宮巳甘・出会いの巻 おわり

『エスカレーターを歩いた奴は死刑』

エスカレーターを歩いた奴は死刑』

 コウサクはコールド・スリープから目覚めた。
予定通りの2037年、この時代ならば治療技術も確立しているだろう。
自力で氷山を降り、都市を探した。
恐竜が見当たらないためか、歩きやすい道のりだった。

 コウサクの目に飛び込んだ都市は、想像を超えた発展を見せていた。
2階や3階を超えた高層建築が並び、
土偶に似ているが見たことのない材質でできている。
こうなっては登るのが大変と思いきや、
動く階段で簡単に登れるようだった。
面妖な雰囲気を察知し、この時代の人が活用する技術に関心した。

 早速登ろうとしてみたその時、警報音が響いた。
どこからともなく現れた、個性の乏しい紺色の人々が、上と下に待ち構えている。
「そこゆく原始人! エスカレーター歩行罪で連行する!」
ただそれだけを言い終えると、盾を並べ、持ち運び式の牢屋に押し込めた。

 そのままコウサクは連れ去られ、
トラックに乗り、焼却炉にたどり着いた。
「待て、何をする気だ」
身に迫る危険を察知したコウサクは、疑問を投げかける。
「知らないのか? エスカレーター歩行罪の現行犯は直接死刑になるんだ」
作業服を整えながら言った。

「この時代はどうなってる!? 俺はコールド・スリープをしてきたんだ。安土桃山時代にそんなものはなかったぞ!」
その時、コウサクの内臓に衝撃が走った。
かつてと同じ呪術の匂いだ。
呪術は動力源ではなく、周囲を取り巻いていたのだ。

「冥土の土産に教えてやる。
エスカレーターを歩いた者が次々と倒れ、目覚めた後には異常な行動を起こしていくんだ。
放っておけば甚大な被害がある。
周囲にも、本人にもだ。自らの意思ではなく動くようなのだ。泣き叫びながら家族を殺害した者もいた。
彼らを収容施設に隔離したり、本人の同意ない安楽死では倫理的に問題がある。
そこでエスカレーター歩行罪が生まれたんだ。
その場で死刑にすれば誰も苦しまず、法的な問題も、倫理的な問題も解消できる。
どうだ、美しいだろう」

 コウサクは静かな怒りとともに言葉を選んだ。
国家呪術師の仕事は、呪術によるテロを察知し、
武装解除することだ。
「俺は国家呪術師だ。その奇病は呪術によるもので、エスカレーターを歩いた者に襲いかかる。
俺ならすぐに解除できる。どうか任せてくれないか?」

「いいだろう。国家呪術師とやらの力を見せてもらおう」
思いの外すんなりと受け入れられ、
コウサクは困惑した。

 焼却炉が近いのは幸いだった。
火種を集め、まじないを込める。
これを煙に乗せ、広く飛ばしていった。
「これでよし、1ヶ月もすれば全土の呪術が解除できるだろう」
コウサクは出口へと向かい、しかしその先で防災用の隔壁が降りるのを見た。

「これで逃げられると思っているのか?」
「なぜだ? ちゃんと呪術の解除はしただろう」

作業員は銃を取り出して叫んだ。
「土産を持ち逃げするな!
お前は今から死刑になるんだよ!
まだ法律は変わっていないからな!」

コウサクの観察力はすぐに見抜いた。
左手で構えた銃は威圧用で、
右手に持つ警棒が中心のようだ。
弾丸の数で明るみに出るのを嫌ってだろう。
「土産は家族や友人に配ってもらうぜ!」

「なんて卑劣な理論だ!
わかったぞ、呪術をかけた犯人はお前だな!」
コウサクはいきなり真実を見抜いた。

「おかしいと思ったんだ。呪術の廃れた文明において、いきなり信用するなんてな。
お前は国家呪術師という言葉にも馴染みがない様子だった。
繋がったぞ。
かつて戦車を見せられた時もそうだったからな」

作業員は話を聞く気もなく、警棒を振るう。
コウサクの左手への一撃だが、呪術の鎧が弾けて守られた。

「ちゃんと想定済みだと言っただろう!」
コウサクの呪術は弾けてからが本番だ。
警備員の足首めがけて殺到し、
絡みつき、倒れさせた。
作業員の野望もここまでだろう。
コウサクは自らの手で確実にした。

 こうしてエスカレーターを取り巻く暗澹たる事情は晴れた。
しかし安心には早い。
放っておけば第2、第3の事情が現れるだろう。
後の調べでは、作業員の野望は完成間近だったらしい。
凶悪犯罪に対しエスカレーター歩きの刑を適用させ、
個人所有ゾンビとして入手する計画が発見された。
そうなれば国家の転覆も間近だろう。
手駒を集めて国土総エスカレーター化計画が実現すれば、
誰も自らの意思による移動ができなくなってしまう。

 それにしても、歩かないためのエスカレーターで歩くとは本末転倒もいいところだ。
そのような輩への抑止力を失ったとあれば、
本当に正しい行いと言えるだろうか。
あらゆる行動の裏には逆を失うことを含むもの。
コウサクは思考を巡らせながら、脱臼を治療するのであった。