にんにくガーリック

元気に小説を書きます。金曜日のお昼ごろ更新の予定。このブログの内容は、特別な記載がない限りフィクションです。

二次創作『イニストラードを覆う百合の隆盛 2』

『イニストラードを覆う百合の隆盛 2』
f:id:key37me:20181102140839j:image
 このごろ悪い夢を見る。大切な人と身を寄
せあう所に、誰かが武器を構えて襲ってくる
夢だ。町のゴシップ屋によると実はいいこと
が起こる兆候らしいが、そういったいいこと
は起きていない。
 何より私は孤立していた。同年代とも、家
の中でも。

 ある日のことだ。前日の雨で道がぬかるん
でいたので、迂回のため馴染みのない道を歩
いていた。不気味な森に近づいた頃、白昼で
ありながら、悪夢の声が聞こえた。
 夜だったら狼男や吸血鬼と思うかもしれな
いが、今は昼。正体が何者なのか見当もつか
なかった。好奇心が勝り、覗いてみることに
した。入口の木がまだ見える範囲だけ。
 仮に危険に喰われても、誰も困らない。

 少しの木をかきわけ、岩陰の暗がりを覗く
とそこには、二つの身体を持つ天使が横たわ
っていた。頭のひとつが行方不明になり、片
方の身体はほとんど空洞のようだ。近くで見
ていると、寂しげな声が穏やかになった気が
した。
 可能であれば毎日ここに来よう。そう決め
ることに躊躇はなかった。
 背中で聞く声はまた寂しげに戻ってた。

 日毎にいくらか回復しているようで、掠れ
た声ながら名前を聞けるようになった。聞き
間違えていなければブリセラというらしい。
 ゴシップ屋から聞いたことがあった。遠い
昔、仲睦まじい二体の天使が身体を重ね合わ
せた。それが彼女なのだ。
 しかし今は、その片方を失っている。寂し
げとは思っていたが、想像より遥かに辛い思
いをしていた。

 通ううちにわかってきたことがある。彼女
は月を見上げて何かを祈るような動きをして
いる。
 遥かな昔、銀の月に巨大な女神が封印され
たと聞いたこともある。何か関係があるのだ
ろうか。しかしただの天使がそれほどの長生
きをするとは思いにくい。ましてやこの傷で
生きているなど、常識的にはありえない。

 ブリセラは見違えるほどに回復し、共に出
かけられるほどになった。散歩をしたり、お
泊まり会をしたり、吸血鬼狩りをした。言葉
も扱えるため、食べたものの感想を言い合っ
た。

 それでも言わないでいることがある。そう
見える。遠慮しているような、抱え込んでい
るような。

 思い切って直接の質問を投げかけた。直接
の答えはやはり濁すが、ヒントにも聞こえる
ので、勝手に考えることにした。
 目線を思い出した。仕草を思い出した。
 ひとつの発想にたどり着いた。
 確信はないものの、とりあえず試してみる
ことにした。

 寝ている間に、ブリセラの失われた半身の
空洞に入った。すぐに気づき驚いている様子
だが、嫌がってはいなさそうだ。
 喜んでいる。嬉しくなった。腕よりも強く
抱きしめられた。抱きしめた。
 思考が、感情が伝わってきた。言葉もなく
直接受け取り、返事にも言葉は不要となり、
ひとつの身体になったのだ。
 これで二人とも、もう寂しくない。

 銀の月も祝福している。そんな気がした。

f:id:key37me:20181102141005j:image