にんにくガーリック

元気に小説を書きます。金曜日のお昼ごろ更新の予定。このブログの内容は、特別な記載がない限りフィクションです。

『恐怖!猿を落とす木!』

『恐怖!猿を落とす木!』

 ここ数週間で聞くようになったニュースが
ある。猿が現れ、通行人を襲うらしい。特に
子供と女性を狙うようで、武器を持つなどの
対策を怠らないように。
 一体どこから現れたのか。いままで猿がい
なかった地域に、誰かが持ち込んだのか。

 学校では怪談が囁かれていた。裏山の中腹
にある広場を囲む木々が不自然な萎れかたを
している。そしてその中心に聳える木が猿を
落とすのだという。

 頭がおかしいと一蹴するには揃いすぎてい
た。知名度こそ低いが、その木々のことを知
るものがいる。それが父だ。例年なら果実が
目立つ時期なのに、今年は乱雑にもぎ取られ
ているという。

 父は数少ない木こりであった。同業者はも
う一人しかおらず、その一人・本田祐介とも
仲良くしている。父は一人っ子である。夕食
を共にした席で叔父のように慕っていると言
ったら、兄弟がいたらこうなんだなと笑顔で
あった。それ以来、二人の仲はますます近づ
いていった。

 猿を落とす木の噂には二人とも辟易してい
た。植物から動物が産まれるなど、あまりに
おかしい話だ。仮に本当だったら、既にこの
目で確認しているはずだ。
 この噂の苛立つ点は、夜の山での話という
部分だ。山に詳しいプロだからこそ、夜の山
は危険と知り、決して近寄らない。それを利
用したくだらない噂だと考えた。

 学校で目立つグループにも父を知られてい
たらしく、確認してもらってほしいと頼まれ
た。もちろん断った。山の恐ろしさをよく聞
いているので、登ったことがなくとも危険と
思った。
「お前の父ちゃん、意気地なし!」
知識が乏しい故の蛮勇を根拠にした罵倒は父
の耳にも届いた。父だけであれば浅い考えだ
と追い返して終わっただろう。しかし父から
すれば、意気地なしの息子呼ばわりが堪らな
かったのだ。

 危険を減らすため、二人で協力し、一夜の
キャンプが決まった。万全の準備をし、決め
た場所から動かなければ、ある程度の安全は
確保できる。記録用品と、万が一のための武
器を持ち、携帯電話の特殊機能で常に場所を
把握できる準備をした。

 テントを構え、夜になった。鳥と虫たちの
鳴き声のおかげで退屈ではなかった。どの声
が何の動物かを語り合い、知らなかった動物
の知識も分け合っていった。

 鳴き声が一斉に潜み、音が聞こえた。噂の
木からだ。時刻は丑、不気味さを強く掻き立
てた。

 件の木が震えた。果実が落ちたと思った。
しかし下にあったものは果実ほど小さくも、
整ってもいない。
 猿だ。猿が落ちたのだ。

「カメラはどうだ」
潜めた声をさらに抑えた。それでも動揺から
大声になってしまいそうだった。
「撮れているさ。写真も撮っておくと連絡し
てくれ」
電話を取り出し.メールを送った。時刻は三
時二十分ごろ、件の木から猿が落ちてきた。

 この様子を背後から覗く人影があった。振
り返ると、人よりも野生的な顔が、歯を見せ
て笑っていた。
 落ちてきた猿だ。間近に見ると、遠くの猿
とは異なる姿に見えた。
 別の猿もやってきた。今度は素人目にも違
いがわかった。特定の猿ではなく、複数の霊
長目が落ちている。目を凝らすとその中には
ヒト科もあった。

「おい、気づいたか」
「何がだ」
「あのヒト、ホモ属サピエンスじゃないな」
「小柄には見えるが」
クロマニョン人とかネアンデルタール人
かの中に、サピエンスより小さいのがあった
はずだ。発見例は少ないが、貴重なのが目の
前にある」
「おい、まさか祐介」
「もちろん、連れ帰れば貴重な資料になる上
にお金もガッポガッポだ」
「やめとけ、そんな地に足のつかない」
「いや、俺は行くぞ」

無視して茂みをかきわけ飛び込んでいった。
「どうしちまったんだよ、普段ならこんなこ
と止める側じゃないか」
悪態を吐くが飛び出した祐介は止まらない。

「どうした? 俺たちの他に誰かいるのか」
振り返った。さっき進んで行ったはずの祐介
がそこにいた。じゃあ、目の前を歩くのは?
 背筋が凍った。同じ姿の人間が二人、そし
て目の前には猿を落とす木がある。ひとつの
結論に思い至った。同じ顔の人間も落ちてく
るなら、入れかわっても気づかない。

 悪い考えを現実にする光景があった。
 猿たちに囲まれていた。姿勢が低く、今に
も飛びかかってきそうな構えでじりじりと間
隔が縮んでゆく。
 その後ろには姿勢が高く、道具を使うヒト
が構えていた。前肢を使わず歩行して物を投
げる、ヒトの特徴を活かしていた。周囲には
多数の石に加え、小型の猿が無尽蔵に落ちて
自ら集結する。さながら原始の機関銃だ。
 にじり寄るヒトの顔がついに見えた。
 囲む側に立つその顔は、囲まれた自分たち
と瓜二つだった。

 無念にも二人の命はここまでとなった。
 翌朝の町内新聞にひとつの記事が載った。 
 山にて噂を確認していた二人が下山した。
記録のすべてを公開した。特に何も起こらな
かったビデオ、虫の声ばかりの録音機、草臥
儲けの二人。
 何もなかった記録があっても、誰かが噂を
流し続ける。
 不思議な広場の木の下で、運命の人と出会
える、と。

 この町での今後の出来事はまた別のお話。
 皆様が木の下にいるときは、猿が落ちてこ
ないことを確認してくださいね。