にんにくガーリック

元気に小説を書きます。金曜日のお昼ごろ更新の予定。このブログの内容は、特別な記載がない限りフィクションです。

『ゴゴゴゴンベエ』2話(全4話)

『ゴゴゴゴンベエ』2話(全4話)


 大会の受付時間。
これまでは理由もなく参加していなかったが、
仲良くなったボウの思い出を聞き、
興味が出てきたのだ。
普段のローリングCでは大会をしていないので、別の店へと出向いた。
ゴンベエとボウは一緒にエントリーを済ませた。
開始時間まで13分、2人は移動の準備を整えてゲーム1度だけ始めた。

 1回戦が始まった。
今日の参加者は16人、最後まで勝ち続けた1人が優勝だ。
ぴったり16人のおかげで、4試合でちょうど優勝者が決まる。

 緊張して始まった1回戦は予想外に普段と変わらず、
ゴンベエは実力を遺憾無く発揮した。

運営スタッフへと結果を報告しに行くと、先にボウがいた。
「勝ったよ。ゴンベエくんはどう?」
「勝った! 意外といつもと同じだね」

 2回戦の席が発表された。
席にいた相手は、マスクで表情を隠し、
プレイマットに青と黄色と薄橙色が並んでいた。
彼が高校生かもっと上か、
ゴンベエには区別がつかなかった。
「よろしくお願いします」
相手は返事をしない。

 何も喋らないが、ゴンベエはめげずにゲームを進めた。
「《ブレイズクロー》で攻撃」
相手は黙ったままカードを表にする。
そのカードには《ヘブンズ・ゲート》と書かれていた。
手札から2枚のカードを場に置く。
そのカードにはどちらも《音感の精霊龍 エメラルーダ》と書かれていた。

 黙ったままカードを横に向け、手札に戻し、別のカードを出した。
そのカードには《時の法皇 ミラダンテXII》と書かれていた。
黙ったままで山札から1枚を引く。

「マナチャージをして、まず《ブレイズクロー》を召喚、それで《グレイト"J-飛"》を召喚、手札が1枚なのでコスト無しで《"轟轟轟"ブランド》を召喚」
そこまで聞いた後で、黙ったままで自分のカードを指差す。
そのカードには《時の法皇 ミラダンテXII》と書かれていた。
ゴンベエは何を言いたいのかわからず、
首をかしげるばかりだ。

「こいつの効果で、召喚できないの」
初めて声を聞いた。抑揚が薄く、呆れたような声だ。

 結局、ゴンベエは負けてしまった。
それ以上に対戦相手の態度に衝撃を受けていた。
これまで100人を超える人を見てきたが、
言葉もなくゲームをする者を見たのは初めてだ。

 すぐにローリングCに戻ると、何を言うでもなく店長が異変に気づいた。
「ゴンベエくん、顔色が悪いが何かあったのかな」
ゴンベエは出来事を話した。
大会に行ったこと。
広げたプレイマットに破廉恥な絵が描かれていたこと。
マスク人間に驚いたこと。

「大変だったね。僕にも何かできればと考えておこう。
とりあえず今日のことから。奥で友達が待ってるよ」
ゴンベエの友人たちが、新しいデッキを持ち、
今日こそ勝つぞと息を巻いていた。

 その夕方から店長は考えていた。
大会に興味が出るのは自然なことだ。
そんな時に安心してゲームできる環境が、
少なくともローリングCでは提供していない。
うちで大会を開けば、
そんな不届きものを追い出すことはできる。
しかし、自分にそんな判断ができるだろうか?
もしやりすぎてしまえば安心どころじゃない。台無しだ。
そして大会となれば、また違った客層がやってくる。
今までいたお客さん達と馴染んでくれるだろうか。

三日三晩レジに立つ時もお風呂の時も頭を捻り、
来たる朝、店長はパソコンに向かった。

 別の日曜日、ローリングCにおける初めての大会が始まった。
ゴンベエもボウも、そしてあの時のマスク人間もいた。
1回戦でマスク人間は同じプレイマットを取り出した。
店長の目にそのイラストは場をわきまえない物と見えた。
もしもこの格好の人物が歩いていたら、警察が黙っていないだろう。
「君、このプレイマットは使わないでくれ」
一言を聞くと、マスク人間は理由も聞かずに片付けた。
店長の目には、それが波風を立てない彼なりの処世術に思えた。

対戦相手となる小学生がやってきた。
マスク人間はゴンベエの時と同じく、黙ったままでゲームを進める。
最初は同様、やがて明らかな萎縮が見えた。
やはり決断するべき時だ。

「試合中に失礼。カードゲームは会話のゲーム、それで会話を放棄したために対戦相手を萎縮させてしまっている」
深呼吸を小さく一度。

「残念ではあるが君は失格、そして今後の来店は禁止だ。
お客さんに安心してもらうために協力してくれ」
「そんな横暴でやってけるのかよ!」
マスク人間の抑揚のない大声にも、
店長は変わらず淡々と答える。

「そのせいで潰れたなら僕の責任だ。
君は心配しなくていい。
この店の責任者は僕だ。
君を追い出すことが一番いいと思った。だからそうする」

 結局、マスク人間は5分とせずにローリングCを後にした。
ゴンベエには、他の常連たちにも、
店長の顔が今日はいつもより逞しく見えた。